大山歯科クリニック

院長プロフィール

院長:大山 秀樹(おおやま ひでき)

大山 秀樹(おおやま ひでき)

略歴

1990年岡山大学歯学部 卒業
1990年岡山大学歯学部附属病院・医員
(第二保存科、専門領域:歯周病、歯内療法)
1997年博士(歯学:岡山大学)
1999年岡山大学歯学部・助手
1990年岡山大学歯学部附属病院・医員
(歯科保存学第2講座、専門領域:歯周病、歯内療法)
2002年埼玉医科大学医学部・講師(免疫学講座)
2004年兵庫医科大学医学部・講師(病理学第1講座)
兵庫医科大学・非常勤医師(兼任)
(歯科口腔外科:歯周病専門外来担当)
2010年兵庫医科大学医学部・准教授(病理学講座・機能病理部門)
2014年大山歯科クリニック・院長
大阪医科大学 歯科・口腔外科学講座 非常勤講師

受賞歴

1995年5th meeting of International Academy of Periodontology/研究部門第1位
2000年International Association for Dental Research/Hatton賞Travel Award
2009年日本歯周病学会 学術賞
2009年日本歯科保存学会 デンツプライ賞

資格

日本歯科保存学会:保存治療認定医
死体解剖資格:病理解剖
日本病理学会:口腔病理専門医
日本口腔検査学会:口腔検査認定医
日本糖尿病協会歯科医師登録医

院長インタビュー

歯科と医科の両方の経験を活かすために
医療モール内の他科と連携

こちらで開業された経緯は?

「自分は一生、大学で仕事をするもの」と考えていたのですが、今までとは違った形で患者様に貢献したいと思い、2014年に大山歯科クリニックを開業しました。
私は大学で歯科と医科の相方に関わった仕事をしてきましたので、その経験を活かす上で医療モールが最適と思いこの場所での開業を選びました。

どのような患者様がいらっしゃっていますか?

近隣にお住まいのご家族など、幅広い年代の方がお越しになられています。
大変ありがたいことに遠方からお越しになる患者様もおられて、岡山からご来院されている方や、東京から定期メンテナンスのために通われている方もいらっしゃいます。

医療モールで他科とどのように連携されていますか?

医療モールで他科とどのように連携されていますか?

例えば歯周病は糖尿病と深い関わりがあるとされていますので、糖尿病患者様に関しては、内科クリニックの先生と連携することを行っています。また、蓄膿症の原因、あるいは症状の悪化に関わる歯の根管治療また、睡眠時無呼吸症候群の患者様の治療については耳鼻咽喉科の先生と連携をとれるようにしております。

そのほか、整形外科の先生とは顎関節症の治療あるいは、骨粗しょう症の患者様の治療と連絡させて頂いております。

診断は治療の一環
正しい診断があって初めて治療方針は成り立つ

カウンセリングで大切にされていることは?

カウンセリングはその方の病気を理解するために行うものと位置づけています。
なので、その理解に役立つことが引き出せるように、詳しく丁寧にお話をおうかがいするようにしています。

治療で大切にされていることは?

診断です。
問診、視診、画像検査などのすべての診査で総合的かつ適切に診断するように心がけています。
正しい診断があって初めて治療方針は成り立つと考えていて、「診断は治療の一環」と位置づけています。

いくら治療技術が高度なものであっても、診断を取り違えれば、治癒に至りません。

正しい診断
包括的な歯科診療
予防管理型の治療スタイル

大山歯科クリニックの特徴は?

大山歯科クリニックの特徴は?

先ほどもお話ししましたが、まずは診断を大切にしていること。
そして歯1本単位ではなく、お口全体を1つとして捉えた「包括的な歯科診療」をご提供していること。
さらにお口が病気にならないように予防・管理することを最優先に考えている「予防管理型の治療スタイル」を基本にしていることです。

定期メンテナンスへ通ってもらうための取り組みは?

予防歯科の重要性は広まりつつありますが、これには患者様のご協力も必要です。
そのため当院では定期メンテナンスのモチベーションを高めていただくために、口腔内写真でビフォー・アフターをご覧いただくなど、できるだけ「治療で状態が改善されている」と実感していただくようにしています。
「良くなっている」という実感は次のメンテナンスのモチベーションに繋がるはずです。

あと歯科医療には「数値化されないアバウトな部分」が多いと感じています。
医科は様々な検査項目に関して、数値の高低あるいは変動で症状を客観的に把握しています。それに対して歯科は、歯科医、あるいは衛生士の主観的な判断によって、きれい・汚いといった見た目の部分の指摘に終始しがちです。
そうした状態で患者様に「ご自宅でのケアを頑張ってください」とお伝えしても、あまり説得力がないのではないかと思っています。

なので当院では唾液検査を実施して、お口の中にどのくらいの虫歯菌・歯周病菌などの細菌が存在し、どういう活動状態なのか、そしてそれらの疾患のリスクはどのくらいなのかを数値化してお伝えするようにしています。

訪問歯科に対する思いは?

訪問歯科については、これまで当院へずっと通院されていて、様々な事情によりご来院いただけなくなった方を「最後まで診させていただきたい」という思いで行っています。
訪問歯科ではその方が必要とされている歯科治療全般を実施しますが、特に定期的な口腔ケアは重要で、誤嚥性肺炎の予防などお口だけでなく全身の健康管理にも繋がります。

最後まで諦めない
「何としてでも治す」という意思と姿勢を持ち続けること

医師としての理念を教えてください

医師としての理念を教えてください

かつて私がお世話になった教室の当時教授であられた村山洋二先生(現:名誉教授)から常に「治療哲学を持ちなさい」とご指導を受けておりました。

どういった哲学をもって治療を実践していくか…

私の場合、当院の理念でもある「歯科医療を通じて全身の健康の増進に寄与すること」

なのですが、それを行っていくうえで、何をどのように進めていけばよいか?

いつもそのようなことを考え、治療を行っております。

 

 

当院開設時に村上先生が当院にお越しになられた際に、頂いた書面

これは当院開設時に村山先生が当院にお越しになられた際に、頂いた書面です。

今も院長室の一番見えるところに飾られており、日々この書面を一目して診療に臨みます。

「品質と威厳」村山先生が一番大切にされておられるお言葉です。理想形の医師像を端的な言葉で表現なされた言葉です。日常生活における規範として常に胸に持ち続けております。

今後の展望を教えてください

歯科医療において「検査」の必要性は今以上に向上するものと考えられます。あくまで先の話ですが、私が得意とする血球を用いた免疫学的な手技を用いて金属アレルギー対する評価、あるいは細菌感染症である歯周病に関して、免疫学的な症状の把握が実施できる環境を整えることが出来ればと思ってます。

そのためにはクリアしなければいけないことが多々あるのですが、「正しい診断」のためにも検査内容を充実させていきたいと思っています。

Doctors File
ENGLISH AVAILABLE
top