大山歯科クリニック

詰め物・被せ物

セラミックを使った歯を白くする治療とは?

保険診療では行えない審美的な治療です

保険診療では行えない審美的な治療です

保険診療の場合、最低限、歯の機能性を補うことが優先されるため、審美性などは考慮されていません。
特に奥歯に被せ物(クラウン)を入れる場合、基本的には銀歯が使用されることになります。
保険適用となるので費用が抑えられますが、口元の審美性が損なわれる恐れがあり、さらに金属アレルギーの原因となる場合があります。

これに対して吹田市千里山の大山歯科クリニックがご提供する、セラミックを使った歯を白くする治療(セラミック治療)では、歯の機能的な回復に加えて、見た目の美しさも実現させることが可能です。
セラミックなら天然歯に近い白さと透明感を再現させることが可能で、口元の自然な見た目が期待できます。
また、金属を一切使用しないので金属アレルギーの心配がありません。
生体親和性の高い素材で、お口周りの審美性を高めていただくことができるようになるのです。

セラミックを使った治療にはこんな特徴があります

お口周りの審美性が高められます

セラミックには天然歯に近い白さと透明感がありますので、銀歯のように金属色が目立つ心配はなく、自然な見た目に仕上げてお口周りの審美性を高めることが可能になります。

二次カリエスが予防しやすくなります

セラミックは歯との適合性が高い素材なので、しっかり歯とフィットさせることが可能です。
隙間から虫歯菌が侵入して二次カリエス(虫歯の再発)が起こるといったことも予防しやすくなります。

汚れの付着・変色が起こりにくい

セラミックの表面は滑らかなので汚れが付着しにくく、きちんとケアすれば清潔な状態を保つことが可能です。
また吸水性がないので変色がほとんど起こらず、長期間、白さを維持することも可能です。

金属アレルギーが起こらない

セラミックを使った治療では金属を一切使用しませんので、金属アレルギーが起こる心配はありません。
重度の金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

セラミックを使った治療の注意点

保険適用とならないので費用がかかる

セラミックを使った治療は基本的に保険適用とならず、自費診療となりますので費用がかかります。

強い衝撃を受けると破損する恐れがある

使用するセラミックの種類によっては、強い衝撃を受けると破損する恐れがあります。

メタルフリー治療

メタルフリー治療とは?

メタルフリー治療とは?

メタルフリー治療とは、虫歯やその他様々な理由で歯に詰め物や被せ物を入れないといけなくなった際に、従来の金属のものではなく、セラミックなどの非金属の材料を用いて歯の機能を回復させる治療です。
白く美しい歯にできるので、審美的に良くなることも大きな利点ですが、全身の健康を考えた場合、金属アレルギーの治療、あるいはそのリスクを回避することに大きな意味があります。

歯科金属アレルギーって何?

金属製の装飾品を付けたら皮膚がかぶれたり湿疹ができたりする方、多くおられると思います。
そのような方でも、お口の中には金属の詰め物・被せ物が多く装着されていたりします。
「お口の中は別」ってことはまったくありません。
特にお口の中は唾液が存在するため、詰め物・被せ物の金属がイオンとして溶け出し、生体のタンパク質と結合してアレルゲン物質となります。
それらアレルゲン物質が血流に乗って全身に運ばれるので、発疹やかぶれなどの皮膚症状はお口の中やその周りだけではなく、手や足に症状が出たりします。
また、手掌や足蹠に小水疱、さらには膿疱が出現することを特徴とする掌蹠膿疱症にも歯科金属アレルギーの関与が大きく示唆されています。

金属アレルギーを自覚されておられる方で、常に首筋や手足に常に皮膚炎症状をお持ちの方、小水疱法が時々出現するといわれる方がおられましたら、一度お口の中を鏡で覗いてみてください。
金属が入っていたら、是非一度ご相談ください。

Metal Free Club(メタルフリー・クラブ)について

Metal Free Club(メタルフリー・クラブ)について

現在、すでに多くの歯に金属が入っている場合、1本の歯だけ金属を非金属のものに交換しても金属アレルギー回避に対する効果はあまり期待できません。
その場合、お口全体をメタルフリーにすることを目指した治療が必要となってしまい、治療費自体がかなり高額になってしまいます。
これに対して、少しでもお手伝いすることができればと思い、発足したのが「Metal Free Club(メタルフリー・クラブ)」です。

お口の中から金属の詰め物、被せ物をすべてなくすこと(メタルフリー)を目指します。
入会金などはございません。
非金属の詰め物・被せ物について費用の割引があるのみでなく、保証期間も延長になります。
しかし1本のみ、あるいは部分的なメタルフリー治療に対しては適用できませんのでご留意ください。

治療の流れについて

まずは、金属アレルギーが存在するか否かについての診断が必要になります。
当院では多くの場合、市立吹田市民病院 皮膚科様に検査依頼をさせていただいております。
パッチテストによる診断を皮膚科医にお願いしております。

歯科の詰め物や被せ物に使用されている金属すべてに対して、アレルギーの有無をそれぞれ調べます。
特に、保険適用の詰め物や被せ物で頻繁に使用されるパラジウムやニッケルに対するアレルギーは比較的高頻度に見られます。
歯科用金属のどれか1つにでもアレルギー陽性であると診断された患者様については、保険適用で非金属の被せ物を入れることができる対象の歯が若干増えます。
ご自身の状態を理解する上でも、思い当たる節がある場合、積極的に歯科用金属アレルギー検査を受診されることをおすすめします。
当院では、このアレルギー検査の結果を得た後に、具体的な治療プランを提示させていただいております。

セラミックを使った治療の種類は?

ジルコニア

ジルコニアは強度と靭性をもち耐食性、耐熱性、耐久性に優れております。
また、見た目が美しく人体へのなじみも高いことから金属材料に代わるものとして最も注目されています。
安全性、信頼性、実績のあるジルコニアはあなたに安心と自然な美しい笑顔を与えてくれるでしょう。

ジルコニアセラミッククラウン

被せ物治療に使う素材で、内側にジルコニア、外側をセラミックで仕上げていきます。
独特な透明感と色つやが特徴的です。
色つやがある上に耐久性が強いので、患者様からも評価が高い素材です。

審美性と実用性に優れていることから、これからの歯科治療における活躍が期待されています。

セラミック

天然の歯に近い色と頑丈さが評価され、被せ物や虫歯の欠けた部分への治療、差し歯などに使われている素材です。
他の素材を使わず、セラミックのみを用いる治療が行われます。
歯茎を傷つけにくい素材であることから、メタルフリーを希望される患者様からも好まれています。

セレックシステムについて

セレックシステムについて

セレックは、オールセラミックスで詰め物や被せ物を診療室内で作るシステムです。
従来、オールセラミックスの詰め物・被せ物被せ物は、歯科技工士が高い技術と長い時間をかけて作成するものでしたので、高い治療費を要しました。

セレックシステムはこの概念を根本から覆すもので、お口の中で削られた歯の形を機械で読み取り、コンピュータで形態を設計し、ミリングマシーンがセラミックブロックから詰め物・被せ物を削りだすという画期的な方法です。

歯科技工所に出す必要がないため、最短でオールセラミックの詰め物・被せ物を入れることが可能です。
Metal Free Clubにおいて大活躍しているシステムですが、適応可能な症例とそうでない症例がございますので一度ご相談ください。

詰め物・被せ物の費用

※価格はすべて税抜表示です

詰め物

種類特徴見た目耐久性安全性費用
(メタルフリー・クラブ)
メタルインレー
  • 保険適用の詰め物であるため安価
  • 溶け出すと金属アレルギーの原因となることがある
  • 審美を求める方には不向き
  • 比較的汚れがつきやすい
保険適用
セラミックインレー
  • 体との親和性が高く、金属アレルギーの心配がない
  • 強度は十分にあり、極端な衝撃でなければ欠けることはない
  • 院内の最新機械で制作するため、安価に提供できる
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆30,000円
(25,000円)

被せ物

種類特徴見た目耐久性安全性費用
(メタルフリー・クラブ)
金属冠
  • 保険適用の被せ物(奥歯)
  • いわゆる銀歯
  • 金属アレルギーになる恐れがある
  • 審美を求める方には不向き
保険適用
3,000円程度
※3割負担の場合
硬質レジン前装冠
  • 保険適用の被せ物(前歯)
  • 表がプラスチックで裏が金属
  • 変色しやすい
  • 金属アレルギーになる恐れがある
☆☆☆☆☆保険適用
5,000円程度
※3割負担の場合
ゴールドクラウン
  • 耐久性があり丈夫
  • 審美を求める方には不向き
  • 歯の硬さに近いため、自然な噛み合わせになる
☆☆☆☆☆☆☆☆時価
(メタルフリー・クラブは適応されません)
メタルセラミック
  • 長年の実績がある
  • 裏側に金属を使っているため、耐久性がある
  • オールセラミックより審美性に劣る
  • 金属アレルギーになる恐れがある
☆☆☆☆☆☆☆☆50,000円
(メタルフリー・クラブは適応されません)
CAD/CAM冠
  • ハイブリッドレジン(プラスチックにセラミックを混ぜたもの)のブロックから削り出したもので、ある程度の強度はあるが割れやすい
  • 保険適用の被せ物ですが、適応には様々な条件あり(小臼歯および下顎第1大臼歯(不可の場合あり)、金属アレルギーの方は臼歯全般)
  • 劣化が早く、経時的につやがなくなり、変色しやすい
☆☆☆☆☆☆☆☆保険適用
5,000円程度
※3割負担の場合
オールセラミック
(セレッククラウン)
  • 体との親和性が高く、金属アレルギーの心配がない
  • 強度が十分にあり、極端な衝撃でなければ欠けることはほとんどない
  • 院内の最新機械で制作するため、安価に提供できる

    ※ブリッジは強度の兼ね合いより適用不可

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆35,000円
(30,000円)
フルジルコニア・
ジルコニアセラミック
  • 体との親和性が高く、金属アレルギーの心配がない
  • 強度が最高クラスで耐久性に優れ、ブリッジにも適応可能である
  • 白く美しいので、審美性に優れる
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆100,000円
(80,000円)
Doctors File
ENGLISH AVAILABLE
top