大山歯科クリニック

インプラント

インプラントとは?

歯の欠損部分に人工歯を埋入する方法です

歯の欠損部分に人工歯を埋入する方法です

インプラントとは、歯の欠損部分の顎の骨にチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋め込んで、その上にセラミックなどの素材でできた人工歯を装着させる方法です。
顎の骨にしっかり結合させて固定するので、自分の歯に近い感覚でものを噛むことが可能になります。
また、治療範囲が欠損部分だけに限られるので、周りの健康な歯に負担がかかりません。

吹田市千里山の大山歯科クリニックでは、予防管理型の歯科医療をすべての患者様に提供することを基本としていますが、残念ながら歯を失ってしまい、入れ歯やブリッジ以外の方法をご希望の方などにインプラントをご提供することが可能です。
歯科用CTを導入していて精密な診査・診断を行うことが可能ですので、インプラントをご希望の方は一度当院へご相談ください。

歯科用CTを活用して安心・安全に手術します

歯科用CTを活用して安心・安全に手術します

インプラントでは顎の骨にインプラント体を埋入するために外科手術が必要になります。
これを安全に行うためには、精密な診査・診断が欠かせません。当院では歯科用CTを導入していて、事前に顎の骨のCT撮影を行って安心・安全に手術が行えるように努めています。

一番大切なのは「天然歯を失わない」ようにすることです

インプラントは優れた治療方法で様々なメリットがありますが、外科手術が必要になるなどのデメリットもあります。
また、ご自身の歯に近い感覚でものが噛むことが可能になるものの、やはり天然歯にはかないません。
なので、一番大切なのは「天然歯を失わない」ようにすることだと言えます。

当院では予防歯科に力を入れて取り組んでいて、抜歯に繋がる虫歯や歯周病から歯をお守りしています。
「歯を失ってもインプラントを入れればいい」とはお考えにならず、積極的に定期メンテナンスを受けて大切な天然歯を守るようにしましょう。

インプラントの特徴は?

自分の歯に近い噛み心地が得られる

自分の歯に近い噛み心地が得られる

インプラント体を顎の骨に埋め込んでしっかり固定させるので、入れ歯のようにぐらつく心配はなく、自分の歯に近い噛み心地が期待できます。
硬いものでもしっかり噛めるようになることが可能です。

自然な見た目に仕上げることができる

インプラントでは入れ歯のように金具を使用しませんので、口元を自然な見た目に仕上げることが可能です。

周りの健康な歯に負担がかからない

インプラントでは治療範囲が欠損部分だけに限られるので、入れ歯やブリッジのように歯を削る必要がなく、周りの健康な歯に負担がかかりません。

幅広い症例に対応可能

淫乱とでは欠損歯1本から全歯の欠損まで、幅広い症例に対応することが可能です。

顎の骨が痩せにくい

インプラントではしっかりものが噛めるようになり、噛む力が顎の骨に伝わりやすいので、骨の吸収を抑えることが可能です。

インプラント治療の注意点は?

保険適用ではなく自費診療となる

インプラントは健康保険が適用とならず、自費診療となるため費用がかかります。

インプラント体埋入のために外科手術が必要

インプラント体を顎の骨に埋入するために外科手術が必要になります。

骨の量が足りないと治療できない場合がある

顎の骨の厚みが足りない場合などでは、インプラントが安全に行えない場合があります。
こうしたケースでは、顎の骨を造成する「骨造成」と呼ばれる治療が必要になることがあります。

インプラントの費用は?

●●●●●

Doctors File
ENGLISH AVAILABLE
top